治療と再発予防

red and white pills

水疱みたいな出来物ができて非常に痛い。そういう症状が性器に現れる性器ヘルペスは性感染症のひとつに数えられています。ブクブクの水疱がやがてべちゃべちゃの潰瘍状態になって、見た目にも非常にキツいものとなり、しかも痛みがあるということで、ぜひ治したい病気です。
もちろん治すことができます。バルトレックスという薬が存在しており、ヘルペスの原因となるウィルスを弱体化させて痛みやブクブク、べちゃべちゃの症状を消してくれるのです。しかもそれだけではなく、バルトレックスにはヘルペスの症状が再発するのを防ぐ予防の効果もあります。ヘルペスはウィルスによって引き起こされる病気ですが、ヘルペスウィルスは現在の医学では1匹残らず根絶させるということが難しいウィルスなのです。バルトレックスによって一度は弱体化したウィルスも、きっかけさえあれば再び強くなってヘルペスの症状を引き起こす可能性があります。ヘルペスに罹った人の約半数が、1年以内に同じような症状で苦しんでしまう、というデータもあるようです。もちろんそのときはまたバルトレックスを飲むことで症状を消し去ることができるのですが、最初に症状を消したとき、バルトレックスの服用を辞めずにのみ続けることで、実は予防することも可能なのです。

というわけで、ここではバルトレックスがヘルペスをやっつけるメカニズムについて、そして予防の方法について説明していきます。
性感染症は、決して他人事ではありません。今は悩んでいないという人も、ぜひチェックしてみてください。

バルトレックスの効果や服用方法を調べる

drugs

薬の飲み方について

ヘルペスの治療と予防に使えるバルトレックス。治療の際は1日2錠。再発予防をする際には半分にして1日1錠。これが基本的な用法用量となっています。正しく飲んで治しましょう。

yellow pills

ゾビラックスという薬

バルトレックスが登場する以前にヘルペス治療に活躍していたゾビラックスという薬も、要チェックです。バルトレックスより安く、軟膏タイプの塗り薬もあって便利なものとなっています。

 white pills

病中の人は注意

ヘルペス以外の病気を持っている人は、バルトレックスを飲む際には注意しましょう。通販でも買える薬ですが、病中の人は必ず病院でお医者さんに診てもらい、飲んでいいか聞きましょう。